2005年 02月 23日
第一回HipDrops集合の巻
c0023797_14442381.gif

メンバーの方、もしご希望がございましたら
このコラージュ、でA4作ってますので、
データ送ります。プリントアウトしてポスターにしましょう。
(ホンモノは無修正です)

21日の平日月曜日
関東から金魚さん、PAOPAOさんが
遠路はるばる大阪までいらっしゃって、
「これからのHipDropsと地球を考えるセミナー」が開催されました。
まずは地下鉄守口での待ち合わせ。遅スタートなので19:30。
つたないデンワでの道案内にもかかわらず、見事に到着なされました。
パオパオさんと金魚さんの最初の印象は、
よくあるほかのブログのように「細くて顔が小さくて、、」みたいな
誉め殺しのようなスタイルは返って失礼なので、ぶっちゃけると
「メガネとオッサン」という感じ。ウソですすいません。
金魚さんの出で立ちは、黒コートに黒グラサンの、見事な
「関東スタイル」だったので、
駅から抜けるときに自動改札機がキンコンキンコンなるんちゃうかと思いました。
パオパオさんは出会いから爆笑されておりました。
あの笑いの意味は、今だ謎のままです。

で、ほどなく蘭蘭到着。
きむやん、とべっちと関東勢が初対面。
パオ金(略)さんから「揚げまんじゅう」という、名前のとおり
饅頭を揚げてるという不思議なお土産を一人一人!頂き、
(さっき食べましたが、想像以上にメチャ美味しかったです。ありがとうございました)
ちょうど、晩飯ラッシュ時なので、
きむやんの中華鍋の振り方はもう、クンフー映画さながらのアクションで
HipDropsのメンバーはビールとキムチで
その様子を眺めながら、「パオパオさんのメガネの色は
怒ったら攻撃色の赤に変わる」などのかなり重大な話もしつつ、
ギョーザ、唐揚げ、肉団子などの「HipDrop特別Aコース」を
堪能いたしました。

二次会は、
世界各国を飛び回ってるパオ金を、納得の行く店に連れて行くのは
「俺らみたいな大阪の下衆な人間には不可能」という結論が出たので、
いかにもコッチらしい、コテコテの要素で攻めようと
京橋の「新世界もつ鍋」に決定いたしました。
本当は本店の、まさに通天閣の下の店に連れて行きたかったのですが、
なにぶん、平日で明日もみんな仕事で、
一番遅くまで、みんなが遊べるのが「京橋」という土地だったので
それは次回のお楽しみということに。
で、ほどなくQちゃんと、仕事を済まして来たきむやんも到着。
今回は、アヤコ嬢は実家の名古屋に帰ってるということなので不参加でした。
「第二回 これからのHipDropsとそれぞれの過去を清算するセミナー」は
是非とも関東でやりたいと希望します。
大ちゃんフェイちゃんも来れるし、やっぱ一度はオールメンバーで
集合をかけたいところなので。ご家庭をお持ちの方々は、
難しいのかもしれませんが、一度ちょいがんばってみましょう。
話を戻します。驚いたのは、パオ金は「生レバー」を食べたことが無いとのこと。
コッチでは、生レバーは結構ポピュラーな食べ物、
そして、この「新世界もつ鍋」はその「生レバー」が美味い店でもあるので、
是非是非とオススメさせて頂いたら
二人とも気に入ったご様子だったので良かったです。
金魚さんの「しゃべってみて印象」ですが、携帯に浮気ばっかりして、笑いの好きな人で、
コッチ風に言うならば、「エエ調子のオッサン」で大変楽しい方でした。
パオパオさんはその「調子のエエオッサン」に「もーしゃあないなあー」的なフォローを、
ポイントを付いて入れる事が出来る技能をもった方で、
相当な訓練をされたか、もしくは脈々と流れてるネイティブな血が
それを可能にしてるのかもしれません。よく笑ってるのが印象的でした。
とり皮ポンズや、タコフェや、ミノ湯引きなど、
コテコテオッサンメニューも酒でやっつけつつ、
メインのもつ鍋も登場し、ぶっちゃけ話も始まり、
olivaさんとOyonekoさんに金魚さんが電話して暴走し始めたとこから
宴は佳境に入り爆笑の渦の中、
終電の時間も早くに過ぎ、
僕はそれ以降の記憶がございません。

一つ覚えてるのは、
MTBの話は一切していないということです。
[PR]

by hipdrops | 2005-02-23 14:45 | ヤマサキ


<< 第1回HipDrops党決起集会      バレンタインは街ブラ >>