2007年 11月 25日
ヒプドロ秋のパンまつり
c0023797_19431590.jpg

参加者の高子さんと槻子さんが
チャリが手に入らないというチャリイベント最大の
トラブルを迎えたにもかかわらず
そんなこと全然関係無いのがHipDropsのスゴイところ。
c0023797_19434872.jpg

今回の最大の目的であるササキパンに到着して
昔ながらのリアルな趣に
特に女性陣のテンションあがりまくり。
c0023797_19441013.jpg

んで山形屋市兵衛っちゅう、またこれいかにも京都なパン屋で
かなりの変りダネパンが売ってて、
ちなみに僕は油揚げを煮たのを挟んだサンドイッチと
酒粕をおもっきり使ったあんパンを買った。

中書島(ちゅうしょじま)の公園は驚くほど紅葉が綺麗で
とべっちが歴史解説。
高子槻子は船が通るたびにイチイチ手を振っていた。
c0023797_19442773.jpg

そして早速昼食。
パン屋が開けそうなくらい広がったパンと
ええ天気の紅葉の公園でダラダラしながらパンを食う。
c0023797_194457100.jpg

伏見の月桂冠、黄桜カッパカントリーを見学し、
竜馬通りで高子槻子はキャーキャー言いながら寺田屋に入る。
その間俺らは近くの公園でデジカメをいらいつつボーっとしてたら
観光に来たんであろうおじいちゃんが
俺らにデジカメの極意を聞いて来た。
どうやらそのジイちゃんは昔はマジカメラを使ってたらしく
デジカメでは上手い事写真が撮れないので悩んでるらしく、
さすが昔かじってただけあって
専門用語がバンバン飛び出すのだけど、全く分からんまま
うんうん頷きつつも、浅いデジカメの極意を伝授する。
c0023797_19461974.jpg

大手筋商店街に戻り、カフェに入り茶をしばきつつ
伏見のサイクルセンターでチャリを借りれんかった経緯で
ぽっちゃりした受付がいかに態度が悪かったか
「ぽっちゃりの人間は良い人ばかり」と思ってた価値観を覆されたと
大盛り上がりした。
スロースターターであった槻子は実は喋りが物凄く達者で
伏見の小洒落たカフェには爆笑の声が響いてた。
c0023797_19464021.jpg

高子槻子と別れ宇治までチャリ発進。
内心これはかなりかかるぞと思ってたけども
とべっち先導でかなり早く到着することが出来た。
伏見から宇治ってこんなに近いって知らんかった。
日が落ちかけた色とりどりの紅葉がシブい。
天ヶ瀬ダムで折り返し、大手筋に帰ってラーメンを頂く。
c0023797_19465734.jpg

久々のチャリで、実は50Km越えのライドは正直、
頑張る頑張らんじゃなくて膝が取れかけた。
しかしミニベロのMR20は、速度的には全く問題ないねんけど
やっぱり車体が小さいのはちょっと怖いなあ。
ニューMTB買うべきかも。
ああしかし、よう笑った一日であった。
c0023797_1945411.jpg

みんなも来たら良かったのに
[PR]

by hipdrops | 2007-11-25 19:52


<< ビジュアル系      チャリブラ千円グルメデー >>