2005年 09月 21日
箕面でトレイル
11月のレースを控え、きむやんに誘われ先日19日にトレイル行ってきました。

我が愛車「コリーナ号」は街乗り仕様のため、お山は不向き。
タイヤをオフロードに換装しようとしたけど、金魚さんのアドバイスもあり
結局、きむやんの「GT i-Drive」をレンタル。

朝8時半に阪急・十三駅で待ち合わせ。
この日の参加メンバーはきむやんと俺だけ。

きむやんに、今日一日限りのバディ(相棒)を受領。
本来このチャリをきむやんが乗るはずだったが、オイラのために
きむやんは奥さんのチャリを拝借してきたとのこと。すまんこってす。
c0023797_2250381.jpg


朝飯食べてなかったので、駅前のミスドで軽く朝食。
十三から箕面までそう遠くない距離とのこと。
京都の地名を聞けば、だいたいの起伏は想像できますが
大阪はほとんど走ったことがないので、もちろん土地勘ゼロ。
そのため山にたどり着くまで慣らし走行。
しばらく走って、やっぱフルサスはちがう!と実感。

1時間弱で阪急・箕面駅前に到着。
給水は欠かせないので、コンビニでスポーツドリンクと水を購入。
でもって、バランス食料品なんか買ってみたり・・・。

準備を整え、登山道を走る。
箕面には有名な「滝」があり、紅葉シーズンともなると人がごった返す場所。
しかし、まだまだその季節ではないので人影はまばら。

途中、急な坂で足が付いていかずスローダウン。
登山道の休憩所前で休憩。
水をガブガブ飲む。
暑さが体力を奪う。
c0023797_2382579.jpg
その後なんとか、「滝」前に到着。
どっから来たん?というくらいギャラリーがいっぱい・・・。
こう、もっとぐあ~っていうくらい落差があって、「那智の滝」
みたいなの想像していたら、少し想像と違ってこじんまりとしていた。
マイナスイオンで癒されたあと、さらに上を目指す。







前日に、下見でこの地に来ていたきむやん。
「昨日はめっちゃサルのウンコいっぱいやってん」と語る。
チャリにとっては、地雷をばら撒かれているようなもの。
しかし、今日はそれが片付けられたいたようだ。

この付近の散策道案内図を見て、今日走るコースの説明を受け
脇道の自然道に入る。
ひとたび入ればそこは別世界。

そしていよいよ本番の下り坂。
道なき道を相棒とともに降りてゆく。
写真の一枚でも欲しいところだが、そんな余裕なし。
下りる事に全神経をとがらせる。

c0023797_23225448.jpg
きむやん大先生の的確な指示もあり、次々と
クリアーしていく。
何度かヒヤリとしたが、大コケ大回転はせずにすんだ。
これもきむやんのおかげです。
←「山から見下ろす茨木・吹田方面」





幾度となく、チャリから降りる場面はあったものの
怪我なく下りて来れたのは奇跡と言っていいだろう。
いや、ホンマ自分でもビックリ。

帰り道、緊張がほぐれたせいか、両内モモが急に悲鳴をあげた。
筋肉が真っ直ぐになってひざが曲がらない。
筋肉が伸びた感じになってしまった。
c0023797_23305066.jpg
「メディ~ック(衛生兵)!」と、叫びたい気持ちになったら
きむやんが「サロンパス」買いに走ってくれた。
買いに行ってもらってる間に、筋肉がほぐれてきたが用心のためサロンパスを
「シュ~」。
← 一時的に壊れた右足くん







その後は再発せずに、無事帰る事ができました。
スリル満点だった、初トレイル。
また行きたくなりました。
街ブラもいいけど、たまには大自然にふれてみるのもいいかも。


c0023797_23402100.jpg
なにから何までいろいろお世話になりました、
きむやんの勇姿→
[PR]

by hipdrops | 2005-09-21 23:45 | とべっち


<< 鳥羽・伏見のチャリブラ      虎姫に行こう! >>