2005年 08月 14日
ブラリ京街道
c0023797_2156690.jpg

アヤコ坊がチャリを取りに来たので
送っていくがてら枚方の京街道を通った。
ここは東海道五十三次の延長にある道で、
昔は、行商人がこの京街道や、平行してる淀川を通って、
大阪京都間を行き来してたらしい。
ここはその宿場町だったらしい。
その宿場の大きな店の一つ「鍵屋」は今では資料館になっており、
館内では、パネルや模型などで当時の淀川の様子を知ることが出来る。
ちなみに「鍵」というのは、当時はそんなもん付けてる家はほとんどなく、
「うちとこは鍵を付けるほどの富豪でっせ」というステイタスシンボルだったらしい。

帰りに淀川土手を通ったら、
川の高低差を魚がスムーズに流れるように作られた
「魚道」の間際で鳥が待ち構えてた。
ある意味回転寿司状態やなあと思ったりした。

そしてウクレレのもうちょい練習した版。
聴いたげて下さい
[PR]

by hipdrops | 2005-08-14 22:07 | ヤマサキ


<< 盆ファイト      東京絵日和 >>