2005年 01月 04日
嵐山へ 第一章~思い立ったが吉日~
前日から「紅葉見に嵐山いこかなあ」とボンヤリと計画を立ててたのだが
NintendoDSのマリオを倒れるまでやってたので
昼まで寝たらヤメと思ってたけど
生憎9:30起床。天気もええし紅葉のラストチャンス。
嵐山が呼んでいる。
ザッパーンと風呂に浸かり、ザッパーンと上がり早速用意して
おじやに卵と納豆ぶちこんでかっこみ、
なんやかんやで10:45分頃スタート
今日の相棒はメンテもろくにしてないMONGOOSE
c0023797_13403141.jpg

近くのMINISTOPで、お茶と軍手とタバコを買う。
エエ加減にサイクルグローブを買わんとイカンなあと
毎回チャリで出るたびに思う。
今度の安売りの際には必ず購入しよう。
c0023797_13405014.jpg

樟葉を抜け、いつも肉を大量に買う(g88円以下)スーパー「サンディ」を
通り過ぎ、こういうのが「閑静な住宅街」というのだろうか
c0023797_13411980.jpg

ちょいリッチ層の家並を抜ける。
ここらへんは大阪の端。
ここを超えると京都に入るのです。
c0023797_13415091.jpg

いきなり田んぼになる。収穫時期になると稲が金色に輝く。
横には京阪電車が走っている。
あぜ道を走る。対岸の山が色とりどりで綺麗。
c0023797_13415995.jpg

嵐山もこの調子でお願いするよ。

京阪橋本駅付近は、昔の宿場のなごりが残っていて
そういう建築物が多い。京都、大阪を行き来する人々のの宿場だったのでしょう。
c0023797_13421773.jpg

ちなみにこの道は「京街道」と言われてる道。
今でも何件かは宿を経営してるみたいですが、
誰が泊まるんやろ。
c0023797_1342383.jpg

閉鎖されてる死にラブホテル「リベロ」を抜け、八幡の町へ。
因みに八幡駅には「男山」と言う山があり、ケーブルカーで上がると、
弓矢の神が祭られている神社があり
正月には参拝客でにぎわう。ちなみに「男山」の由来は、
山全体が男性器の形をしてるとかの話。
c0023797_13425625.jpg

本日はそのエロ山は無視し、八幡駅近くのampmで一服。
ここのampmは京都に向うときに必ず寄るコンビニで、
丁度ええ場所にあることと、チャリが停めやすいことと
三井住友のATMがあるから。
冬の日はすぐに落ちるので、ダラダラしてる場合ではない。
遭難したときの為のチョコを購入してイザ出発。
c0023797_13433231.jpg

だいたい八幡ちょい越えで8km弱。
家からここまで30分ちょいである。
30分でこんなに細かく書いてたら、それこそ
「24」レベルのボリュームになるので、
次回はもうちょいスピードアップで。

はたして紅葉は観れるのか!
急がないと今の間にも紅葉はどんどん茶色に!
コウゴキタイ第二章へ続く
[PR]

by hipdrops | 2005-01-04 13:44 | ヤマサキ


<< 嵐山へ 第二章~桂川か鴨川か~      ぶらり京都へ(その1) >>